頭皮のダメージのケア方法とは?

2021/07/17 コラム

頭皮のダメージはどのようにケアしたら良いのでしょうか。
詳しく解説していきます。

▼頭皮はなぜダメージを受けるの?
頭皮へダメージを与えるものには、
・パーマ
・カラーリング
・紫外線
・空気の乾燥
・洗浄力の強いシャンプー
などがあります。

特に紫外線は要注意です。
顔や手足を気にする方は多いですが、実は頭皮も日焼けします。

紫外線によるダメージを受け続ければ頭皮は乾燥して硬くなり、髪のパサつきや抜け毛、薄毛といったトラブルに繋がる可能性もあります。

▼頭皮のダメージのケア方法
頭皮のダメージのケアを考えたときには、まずはシャンプーのやり方を見直すことが重要です。

ポイントとしては次のようなことが挙げられます。
・洗髪前にブラッシングする
・ぬるま湯を使う
・シャンプーは泡立てる
・優しくマッサージするように洗う
・低刺激のシャンプーに変える

ダメージを受けている状態では、熱いお湯を使うことやごしごし洗うことは厳禁です。
頭皮への負担を減らすためにも、いつもより優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。

また洗い終わった後はすぐにドライヤーで乾かすことが大事です。
乾かさずにいると頭皮の雑菌が増えてしまうことにもなりかねません。
頭皮から20?30cm離して風をあてるようにし、移動させながらしっかりと乾かしてください。

▼まとめ
頭皮はパーマやカラーリング以外に紫外線などからもダメージを受けます。
ダメージが蓄積すると髪のパサつきや抜け毛といった原因にもなるので、シャンプーの仕方や乾かし方を見直し、毎日のケアを大切にしていきましょう。