髪の痛みが生じる原因とは

2021/07/09 コラム

「髪の痛みがひどい」という悩みをお持ちではありませんか。
周囲の人にも気付かれやすいため、髪の痛みは防ぎたいですよね。
髪の痛みが生じる原因を紹介しますので、ぜひ対策にお役立てください。

▼髪の痛みが生じる原因とは
髪の痛みが生じる原因には、以下のようなものが考えられます。

・紫外線
・シャンプーの方法
・自然乾燥
・ドライヤーやヘアアイロンによる熱
・ヘアカラー
・ブリーチ
・縮毛矯正
・パーマ

髪にも紫外線対策が必要で、放置すると痛みの原因になります。
強くこすりすぎてしまうのも髪には良くないため、シャンプー時には気を付けなくてはなりません。
自然乾燥も髪が痛む原因となりますが、ドライヤーやヘアアイロンによる熱にも要注意です。
また、ヘアカラー・ブリーチ・縮毛矯正・パーマも、髪に痛みが生じる原因となる可能性があります。

▼髪の痛みをケアするなら美容院に相談を
痛みをなるべく抑えたいなら、ヘアカラー・ブリーチ・縮毛矯正・パーマは、サロンで施術を受けましょう。
またスタイリストに相談して、髪の状態に合ったトリートメントを受けるのもおすすめです。

▼まとめ
髪の痛みは外からも分かってしまうものであるため、早い段階で改善したいと考えるものですよね。
もし髪の痛みに悩んでいるのなら、早めに美容室に相談してみることをおすすめします。
瑞江で美容室をお探しでしたら、技術の高い「ヘアーリラクゼーション アンクロワ」をご利用ください。
トリートメントの種類も多数取り揃えており、髪の痛みに合わせたベストな提案が可能です。