デジタルパーマとはどんなもの?

2021/08/09 コラム

「せっかくパーマをかけても持ちが悪い」という悩みを抱えていませんか。
頻度が高くなると髪が痛む原因にもなるため、なるべく長持ちさせたいですよね。
そんな時に試してみたい「デジタルパーマ」について解説します。
これからパーマをかけようと考えているなら、ぜひチェックしてみてください。

▼デジタルパーマとは
薬液を付けて巻いた髪に熱を加えてカールをつけるのが、「デジタルパーマ」です。
デジタルパーマは形状記憶パーマとも呼ばれており、普通のパーマより長持ちします。
「パーマがかかりにくい」「髪のクセが強い」というなら、デジタルパーマがおすすめです。
お手入れも、ブローをしてスタイリング剤を付けるだけで済みます。

施術は2~3時間と、普通のパーマよりは長めです。
しかし手入れが楽になるという大きなメリットがあるため、デジタルパーマには人気があります。
施術に時間が掛かったとしても、パーマをかける頻度が減らせるのは魅力的ですよね。
普通のパーマでは持ちが悪いと感じるなら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

▼まとめ
熱を加えることにより、持ちが良くなるのがデジタルパーマの大きな特徴です。
もしパーマをかけても「持ちが悪い」と考えているのなら、デジタルパーマも考えてみてくださいね。
瑞江にある美容室「ヘアーリラクゼーション アンクロワ」では、デジタルパーマを始め、各種メニューを用意しております。
高い技術を持つスタッフがおりますので、デジタルパーマをお考えでしたら、ぜひご利用ください。