理容室と美容室は何が違うの?

2021/08/25 コラム

「理容室と美容室は何が違うのだろう」と考えたことはありませんか。
名前も、施術の内容も似ていると感じますよね。
実際のところどんな違いがあるのか、あまり知られていないものです。
そこで理容室と美容室の違いについて簡単に紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

▼理容室と美容室の違い
理容室と美容室では、まず必要となる免許が違います。
理容室なら理容室免許、美容室なら美容室免許が必要です。
ただし両方の資格を取得しているという人も少なくありません。
理容師と美容師は、施術の目的にも違いがあります。

・理容室の目的……頭髪の刈込や顔そりなどによって容姿を整える
・美容室の目的……パーマ・結髪・化粧などによって容姿を美しくする

「容姿を整える」「容姿を美しくする」と、似ているようでも法律での意味あいが違っているのです。
なお、理容師には理容師法が適用され、美容師には美容師法が適用されることになります。
そして「顔剃り」が出来るのは理容師だけと定められており、美容師では対応出来ません。

▼まとめ
理容室と美容室は、似ているようでも必要な免許・適用される法律・施術内容に違いがあります。
そこで、用途に合わせてどちらを利用するか考えてみてくださいね。
アットホームな雰囲気の美容室「ヘアーリラクゼーション アンクロワ」では、お客様のご利用をお待ちしております。
瑞江で落ち着いて施術を受けられる美容室をお探しでしたら、お気軽にご相談ください。