縮毛矯正で髪が痛むのを防ぐ方法とは

2021/09/22 コラム

「縮毛矯正を繰り返したら髪が痛むというのは本当だろうか」と不安を持っていませんか。
縮毛矯正をかけていても髪が伸びてくるとクセが気になりますが、痛むのは避けたいですよね。
そこで髪が伸びてきたらどうしたら良いかを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼縮毛矯正で髪が痛むのを防ぐ方法
クセが気になってきたら、髪が伸びた部分にだけ、ポイントで縮毛矯正をかけることをおすすめします。
縮毛矯正とは、クセがある髪を、半永久的に真っ直ぐにするという技術です。
そのため、すでに縮毛矯正をかけている部分には、かけ直す必要がありません。
髪が伸びてきてクセが出てきたら、伸びた根元にだけ縮毛矯正をかけましょう。

ただしポイントだけの縮毛矯正には対応していない美容室もあります。
なぜなら、根元にだけ縮毛矯正をかけるには、高い技術が必要となるからです。
縮毛矯正を受けるなら、ポイントだけの施術を行っている美容室を選ぶことをおすすめします。
対応しているか分からないなら、まずはサロンに問い合わせしてみてくださいね。

▼まとめ
「縮毛矯正は髪が痛む」と考えているのなら、ぜひポイントでの縮毛矯正を考えてみてください。
伸びた部分にだけ施術することで、髪へのダメージを減らすことが可能ですよ。
瑞江の美容室「ヘアーリラクゼーション アンクロワ」では、ポイントのみの縮毛矯正を承っております。
髪へのダメージを減らしたいと考えているのなら、ぜひお気軽にご相談ください。