肌に優しいカラーとは?

2021/12/08 コラム

髪色を変えてお洒落を楽しみたい、あるいは気になる白髪を染めたいと思っても、肌が弱くて諦めている方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、肌に優しいカラーについてご紹介します。

▼肌に優しいカラーを選ぶコツ
ヘアカラーや白髪染めで頭皮にダメージを感じる方は、肌に優しいカラーを選ぶのがコツです。

■美容室でカラーをしてもらう
ドラッグストアには、髪色チェンジができるカラーが売られていますし、白髪染めもたくさん揃っています。
こうした市販のカラー剤は、化学物質を含んでいることから、頭皮やおでこ周りの肌が荒れてしまう方が少なくありません。
最も安全にカラーをするには、美容室に行って相談するのがおすすめです。

■美容室でカラーを選ぶコツ
美容室でも使用にあたって特に問題ない方には、化学物質を含むカラー剤を使います。
そのため、カラーの前に「肌に優しいカラーを使って欲しい」と前もって伝えておくのがベストです。
頭皮や肌に優しいのは、化学物質を使わずに植物由来の成分でできたカラーで、植物性カラーやオーガニックカラーなどとも呼ばれます。
肌に優しい植物性カラーを使って欲しい場合は、前もって美容室に「植物性カラーはありますか?」と尋ねておくといいですね。

■植物性カラーの特徴
植物性カラーが肌に優しいのは、アレルギーを引き起こす原因になるとされるパラベンやシリコンを含んでいないからです。
ただ、日本では少しでも植物成分を含んでいれば、オーガニックと名乗れます。
したがって、肌が弱い方も安心できるカラー剤を揃えた美容室を選ぶことが大事です。

▼まとめ
自宅で市販のカラーや白髪染めを使ったところ、頭皮や肌が荒れて散々な目に遭ったという方は多いのではないでしょうか。
安心してカラーをするには、肌に優しい成分のカラーを揃えた美容室で行うのが安心です。
当サロンは、肌に優しい植物性カラーを揃えております。
どうぞお気軽にお尋ねください。